2018年度 第9回運営委員会議事録

日時:2019年1月19日(土) 9時30分~12時
場所:市立図書館 中集会室
出席者:AND,KWZ,SAT,NKZ,YMT,WTB,YAB(書記)

報告事項
(1) 淵野辺駅南口周辺のまちづくりについてー市民検討組織委員のこと
募集2月1日まで(資料あり、市の広報HPに掲載中)

(2) サポセンからの連絡(会議内で資料回覧)
・ボランティア受け入れ調査票→受け入れ希望しない、と返信済み(YMT先生)
・利用者懇談会・パネル展示&交流会(場所は、けやき会館2F大研修室)
2月24日14~17:00(利用者懇談会)
17:30~19:00(交流会・会費1500円)
・昨年は、団体の紹介の展示をした。
(その資料は、サポセンが持っているのかも・・・要確認)
・希望者なし(1月31日申し込み期限)
・ロッカー、レターケース利用申し込み(無料)
大きさ:ロッカー420×500×400(単位mm・・・48個)
レターケース350×235×320(30個)
(3)その他
HP掲載の機関誌PDFのリンクの解読状況について(WTBより)
PCの音声読み上げができないリンクがある(リンクを開くと画面がフリーズする)。
→写真入りの画像が多いためと思われる。今後は、写真等を省いたプレーンテキスト(担当:NKZ)も掲載し、HPにあげる(担当:SAT)ことにする。
2.協議事項
(1)「読書バリアフリー」提言に向けて
(記事情報の詳細は、本年1月11日付の会員メーリングへのWTB送信メールを参照)
・「読書バリアフリー」についての国側の動向では、超党派の議員連盟で話し合い
があり、昨年12月3日に参議院法制局より法案が示され、了承された。国や自治
体が、視覚障害等で読書に困難のある人への読書支援と情報アクセシビリティを保
証することが主な目的の法案。次期国会での法律制定が目指されている。
・昨年12月21日、文部科学大臣の諮問機関、中央教育審議会から「人口減少時代の
新しい地域づくりに向けた社会教育の振興方策について」の答申が出され、その中
で今後の生涯学習・社会教育は「多様な主体と連携・協働する」取り組みを重視し、
「障害者の生涯学習を支援する」施策の重要性が強調され、今後の図書館においても
重要な指針が示された。市内でもこうした視点を皆で共有していきたい。
(答申は文部科学省HPを参照 ⇒

(以下出席者との質疑でのWTB意見[概要])
①本市の今の図書館基本計画では、図書館と市立視覚障害者情報センターとの連携・
協働体制を表す具体的な項目などがないので、新計画には情報センターも加えて
欲しい。
②図書館職員に障害者サービス担当はおられるが、サービス内容は主に対面朗読の
対応のみなので、今後は、支援STAFFを養成し(関係機関と共催するなど)、障害
のある個々の利用者への電子書籍の提供をはじめ、新たなよりよい障害者支援サ
ービスを行う図書館へと期待したい。
③情報アクセシビリティを充実するには、対面朗読(声による読書)は重要である。
市内の対面朗読室が手狭で、利用に制約があることから、新設される図書館へは
〈1〉利用者の読書のプライバシーに配慮する対面朗読室が必要なこと、
〈2〉窓のある明るい、程よい広さが確保された対面朗読室を、希望している。
また、支援を担ってくださる方々へのメッセージとして3点。
〈1〉音訳者は初見で読むので、いわば瞬間芸の作業となる大変さがある。その場
で完ぺきな音読ができなくても、まずは書物が読めて読書支援に熱意のある方を
利用者は望んでいること。
〈2〉視覚障害当事者にとって対面朗読は本屋さんの立ち読みのようなもの。何が
書かれている書物なのか、その中身を知るために対面を行っているので、初見で
かまわないこと。
〈3〉図書館でのこうした利用は、私をはじめ当事者には生活になくてはならない
もので、とてもありがたい。
④淵野辺の新たな公共施設の検討組織や、情報センターを所管する首長部局も含め、
「読書バリアフリー」という考え方を基礎に図書館施策を検討していただきたく、
次期図書館基本計画(9月に答申予定)に、盛り込まれるよう提言を準備したい。
(以下出席者の意見[概要])
・読書バリアフリーの進展には、文科省だけではなく、厚労省(福祉部局など)にも
関係するため、図書館を所管する相模原市教育委員会と、首長部局にも働きかけ
をしていくべき。ゆくゆくは、市民のあらゆる生活のあらゆる場面で、必要となる
はず。
→①図書館協議会への提言を年度内にまとめる(提言のポイントなどを箇条書き
にして作成:YMT。その後WTBが確認等し、次回運営員会に提出する)
②学習会を開く(2019年度予定、障害当事者のパネラーとの対話形式はどうか?)

(2)2019年度総会について
第1希望:4月21日(日)15:00~(市立図書館申し込み予定)
第2希望:4月20日)土)15:00~(図書館では、キッズフェスタの予
定なので。大野北公民館に申し込み)
*山本先生から、相模女子大学の宮原先生に「これからの図書館について」
30分くらい記念講演を、との提案あり、NKZさんが依頼くださる)
*会計より「来年度の総会資料に載せる2019年度予算に関わるので
各部会のメンバーは、次回の運営委員会の時までに、来年度活動予定
とそれにかかる予算を考えてきて欲しい」との依頼あり。
(3) 来年度の役員体制について
・FJMさん、運営委員をおりたい旨、申し出あり。
・YMT先生、代表を変わって欲しいという申し出あり。
・YAB、副代表か会計をおりたい旨、申し出あり。
*活動をしてくださる方を増やさなければいけない。継続審議。
3.その他
①「図書館ひろば」第21号の配布(550枚印刷)
NKZさん作成。配布リストに従って、各自持ち帰る。
*もし、近隣の公民館などに配布してくださる方があれば、1月中に、YABま
で配布場所と枚数を、お知らせ下さい。
②その他
・相模女子大の学生さんから「来年度は古本市に関わりたい」との希望あり。

次回日程:2月16日(土)13:30~市立図書館 中集会室
以 上

コメント